2014年12月29日月曜日

SUH

これはもしかすると異議申し立て通るかも知れませんね。

https://twitter.com/ttwentyman/status/549700840811163650

Langが引っ張ってそれを引っ張った、とこの映像見せながら異議を唱えれば。。。と思います。

video

ただ、今までの素行がありますので。。。やっぱり難しいかなあ。

8 件のコメント:

  1. ホント残念無念な結果でした。万全のGB相手に後腐れなく勝てる(と思えた)試合でもあっただけに喪失感は甚大です。フォード・フィールドでのプレイオフを切望しておられたHJサンも、さぞお心落しのことかと拝察いたします。
    スーのアレについては、自分は起きた時に、出停処分も充分有り得ると覚悟してました。チャットでは、ライオーラの時とは違って偶然っぽいからそこまではないだろう的な雰囲気でしたが、相手は米国の至宝GBのアイドルQBで、こちらは中西部の恥部DETの悪役DT。実際の意図や状況はスー以外には判る筈もありませんが、ロジャースが苦情を申し立てている以上、元々QBを守ろうとする傾向の強いリーグが、どちらの言い分を採用するかは明白でしょう。
    自分は、あの低迷期もずっとチームを支え続けて来てくれた熱い男で、2008季の生き残り「ライオーラ」にも、この試合でフィールドに立って悲願達成と雪辱の喜びを味あわせてやりたいと願っていましたし、規格外の危険な男スーはDET守備の柱石。個人的にも最も好きな選手で来季以降の離脱が心底惜しまれる存在でした。ですからなおさら、インプレイでの多少乱暴なプレイであれば徹底的に支持しますが、こういう全くプレイ上関係ない不要な場面での、ガキの喧嘩みたいな振る舞いで、彼らがゲーム出場の機会を自ら失ってしまうのは断腸の思い。
    勝ち負けの結果だけでなく、内容も(試合自体としては競った内容のいい試合だったと思うのですが)、正義のヒーロー、ロジャース率いるGBが正々堂々と、邪悪な敵役DETの卑怯な振る舞いをものともせず、完膚なきまで叩きのめす、といった自分が最も嫌いな「勧善懲悪的」内容で、改めてそれを全米に印象付けることとなってしまい、胸糞が悪いこと甚だしいです。

    返信削除
    返信
    1. Ligerさんコメントありがとうございました。

      悔しかったですねー。HomeでのPlayoffに心高まっていましたから!!
      SUHの判定は無事にくつがえりましたね。
      私は故意かもしれないが、そういう風には見えないこともない、と思いました。
      Langの引っ張りがなかったらたぶんかわらなかったでしょう。
      SuhとLangがあの後言い争っていたのはそれだったんですね、と納得いきましたが。

      Raiolaはハワイ出身なのにこんな寒いミシガンに骨をうずめてくれて感謝してもしきれません。
      ただ、とにかく態度が悪い。。。ファンにも。。。
      SUHはキャラだと思えばなんとかなるのですが、Raiolaはなんでそんなに無愛想なんだよ、と思ってしまって。。。

      Rodgers/Brady/Manning/Breesの4人は聖人扱いですので、ヒールなDETは気をつけないとですね。。。
      RomoやSanchezなんかの扱いもあれはあれで大変そうですが、もう少しフェアに評価してもらいたいですねー。

      削除
  2. もう少し丁寧にプレイしていたら・・・と最近数試合見ていて感じることが、
    残念ながらこの試合でも出てしまいました。 6thシードに回ったことでアウェー巡礼かつ
    初戦はスーがいないという厳しい状況で、客観的に見ればNFC6チーム中SBに行く
    可能性は一番低いかもしれません。
    それでも、今シーズン通じて見られた粘り強さをプレーオフでも見せてもらいたいものです。
    Go Lions!!!

    返信削除
    返信
    1. Tonyさんコメントありがとうございます。

      ご指摘通り、プレイが雑に見えますよね。エンジンかかる前のStaffordなんて超雑ですよね、いつも。
      レギュラーシーズンはそれでも追い付けたかも知れませんが、ポストシーズンは強豪しか残っていないので、気を抜かずにやって欲しいです。

      NFCには勝率が5割いっていないチームもありますし、ここからはミスをせずにコツコツしっかりやっていくことが大事かな、と思います。
      それで負けた時は実力でしょう。

      ワイルドカードからのスーパーボウルに期待します!

      削除
  3. 祝!スー、ダラス戦出場決定!!

    スーの弁明をNFLのテッド・コットレルは真摯に聞いて罰金7万ドルで丸くおさめるようです。いやー、よかったよかった。NFL運営内でもデトロイトに厳しい罰則をくだすマートン・ハンクスのような反デトロイト派もいるようですが、まだ神様は我々を見放していなかったようです。

    返信削除
    返信
    1. ぱいさんコメントありがとうございます。

      日本では大晦日の朝に届いたナイスニュースでしたね!
      ほんとお金で済んでよかったです。
      反デトロイト派を親デトロイト派にするには十年単位の時間が必要でしょうが、ここから少しずつ積み重ねていってもらいましょう!

      神様ありがとー。

      削除
  4. ナント、本当に覆りましたね。それでも足(首)踏んで罰金7万$ですから代償としてはかなり大きい筈ですが
    、「絶対わざとだ、そうに違いない、そうあるべきだ」とあくまでもスーの悪意を主張するGB支持派は、こんなんじゃ収まらないんでしょうけど。
    自分が見るに、右足が一回乗っかった時は、まだ重心が後ろに移動中で、バランスを保とうと突いた左足で再び踏んじゃっただけに見えるのですが、マイク・ぺレイラも言ってましたし自分も危惧した通り、踏んだのがスーで踏まれたのがロジャースだったことで、ここまで大騒ぎになったんでしょうね。
    何れにせよ、ぱいサンの仰る通り、これでDAL戦、そして妖精との最後の鬼タンデム観る機会にも希望が戻ってきた訳だ。
    さぁ23年ぶりプレイオフでの勝利に向け、相手は奇しくもDAL。絶対勝つぞぉ!
    GOoooo Lions!!!!!!!

    返信削除
    返信
    1. Ligerさんコメントありがとうございます。

      ほとんどひっくり返らないNFLの裁定がひっくり返って私もびっくりです。
      ヒール役のDETには批判がいっぱい来ますが、FAでSUHがもしいなくなると、それだけで印象がアップするかもしれませんね。。。私的には残って欲しいのですが。

      Rodgersはしかしコメント含めて上手ですね。決してヒートアップせずに、直接的な表現をせずに批判する。
      苦労しているだけのことはありますな。

      FairleyのDallas戦での復帰は難しそうですが、もしかしたらSeattle戦には間に合うかも知れませんので、まずは勝って最後のタンデブー飛行を見せてもらいたいです。
      FairleyとTullochがいればランはもっと止められたのになー。

      Gooooooooooooooooooo Lions!!!!!

      削除