2017年10月21日土曜日

WEEK6 @ New Orleans

もう一週間ですね。
悲惨な試合でした。

途中少し奇跡を信じてしまいましたが、ひたすら自滅。

SaintsはStaffordはOLの生で時間がないから、どんどんプレッシャーをかけ、ボールを叩くことを最初から狙って来たそうですが、まんまとやられました。

とにかくPlayがPredictableだ、とだいぶ書かれるようになりました。
Staffordの足の様子がよくわかりませんが、JBCはもう少し工夫をしてもらわないとやられっぱなしになりそうです。

ランプレイは一辺倒ですね、しかし。
Ameerはスピードがあるので、ピッチとかしたらいいんじゃないか、と思うのですが、そういうもんでもないのかしら。
ピッチなんてここ数試合見ていない気がします。

試合直前にLangがアウトになったことで、OLは悲惨。
それでもやはりStaffordがいけません。
一人のレシーバーをずっと見続ける悪い癖が出ているような気がします。
もっと早い段階でパスが投げられるコールをしてあげてくれー。

はあ、憂鬱な3週間になってしまいました。

これで3-3、とにかくきつい相手とがつづいたシーズン前半、まあ、ギリギリ及第点かな。

それよりも!!GBのQBが負傷で少なくとも8週間はアウト。
GB、CHIとまだ2試合ずつ、計4試合残しているLionsとしては地区優勝に向けた大きなチャンスです。

厳しい試合となりますが、まずは来週のPIT戦、頑張れ!頑張れ!頑張れ!

2017年10月15日日曜日

WEEK5 vs Carolina Panthers 3

負け試合はテンション上がりませんね、気づけばGame Day。
来週はBYEなので、今日負けたりなんかするとブルーな三週間になってしまいます。





絶望的な点差になっていく試合。
進まないオフェンス。

途中からStaffordは脚がとても痛そう。
ここで下がらずにプレー継続する君は立派だ。(どっかのBradfordとは違う)

Fellsの2TDで3点差。
過去最大レベルのクラウドノイズ。
3rdダウン&9、ここをとめれば!!
が、しかし、これをBenjaminに通されThe End。
すごく疲れた試合でした。

2017年10月11日水曜日

WEEK5 vs Carolina Panthers 2

当日の様子です。

この日は購入したての新ユニフォームを着て行きました。
こちら、Marshallsというお店でなんと$34.99。ただ、今の段階では子供用しかありません。
子供用XL=大人用S に近いので、今回も子供用を購入。
ちなみに白いのもたまに売っています。


11時ちょうどに入り口についたら、長蛇の列。
ただ、ここに並ぶ必要はありません。奥に行けばいっぱい空いています。

最近なくなったと思っていた底からビールを注ぐお店をついに発見。
一番大きなスタジアムショップの正面にありました。
ビール好きの方はビデオの用意をしてぜひお試しください。

この日もTwitterで#OnePride と入れて写真を投稿。

アタッターーーーー。

ということで、久しぶりのフィールド体験。
ただ、今回もこの場所。なんでいつもここなんだろう。

Kuechly(キークリー)はWikipediaだと日本語読みクエッチリーと謎の読み方になっていますね。。。





Carolinaのレシーバー陣はでかい。
 隣にいたおじさんが子供に#17に向かって 「Go Blueって言ってあげて」と言っているのを本人が聞いていて、こちらにやってきました。
このFunchessという選手、地元ミシガン大学出身で、Go Blueという言葉に反応したと思ったら、そこらへんにいる人といっぱいハグし始めました。
なんとFarmington Hills出身の生粋のミシガン人で、いっぱい知り合いがいたようです。
ご存知の通り彼は大活躍。。。
女性蔑視発言でこの日はメンタルボロボロでINTを5子くらい投げるのでは、と思ったNewtonでしたが、そんな繊細な神経は持ち合わせていないようです。
Benjaminもでかい。
6-5あるそうです。193cmくらいか。。。



 このお調子者#1は音楽に合わせて踊ったり、まあ落ち着きがない。

その後いつものように、#OnePrideの紹介するから、みんなで手を振って、と言われたのでカメラを待ったものの、いつまで経ってもこない。
「ごめん、トラブル発生でカメラ来れないから、向こうまで私と一緒に来て」と言われ二つ返事で了解。

ぐるーーっと半周下を歩けました。

 これはいい体験。

 Awayで勝って帰って来たBoys達を総立ちで迎えます。
そして、キックオフ。



2017年10月10日火曜日

WEEK5 vs Carolina Panthers 1

ブルーな一週間です。
Lionsは負け、GBは大逆転、そしてMINも勝つ。。。Fantasyは負けるし。。。

本日出張しておりますが、入れたと思った写真がPCに入っていないので、感想だけ先に。


  • Ebron、もうダメだ。ファンの信頼を完全に失いました。最初のTDドロップでの大ブーイングの後、CMタイムにモニターに映っただけで大ブーイング。その後またドロップして完全に終了。挙句試合後に意味不明なTweetしてもう知らん。
  • 結果的には3点差なので、あれを取っていれば勝っていた、という気はないですが、ブロックできないんだからキャッチくらいしてくれないと。Fellsなんてブロック要因なのによっぽどパスキャッチ頑張ってるよ。
  • オフェンスラインひどすぎる。去年を見ているかのような状態。一瞬でプロテクションが破壊されます。
  • Stafford、ボール持ちすぎ。CARはセーフティ一人の状態が多くて、どちらかのWRはマンカバレージになっているのに、そこに投げようともしない。右腕にサポーター巻いてるけど、思ったより深刻なのかしら?
  • Jim Bob Cooterへの批判が出てきていますが、ちょっと何かやってもらわないといかんですね。プレーバレバレ。私でもわかる。1stダウン:ラン
  • 3rdダウン(4th含む)でのショートヤーデージがひどすぎる。Zennerはパワーバックじゃないんだから、さっさとTion Greenを入れるか、FB引っ張ってきて押し込むくらいしないと。
  • ディフェンスは悪くなかったと思います、Newtonが良すぎた。あと、相手のレシーバーでかい!今回は#17(地元Farmington Hills出身)と#84の無名TEにやられすぎました。
  • しかし、最後の3rdダウンでBenjaminにパス通されたのは悔しかった。まさかあそこをパスで来るとは思いませんでした。Riveraは積極的ですね。あのプレーの時が今年一番Ford Fieldが燃えていました。すごいクラウドノイズだった。
  • そして途中から足をひきずるStafford。まあ、あれだけHit受ければそうなるのも仕方ないかと思うけど、JBCはプロテクションがもたないならそれなりのプレーコールしないと。。。
  • Halotiも怪我したそうですし、なかなか厳しいです。といっても、Haloti活躍そんなにしてないけど。
  • Davisが復帰。彼はいいですね。でも、相手のKuechlyはやはりすごかった。

負け試合はVideoを作る気にならないなあ。。。

2017年10月2日月曜日

WEEK4 @ Minnesota Vikings

大事な大事な地区対決のAway戦、Cookを止めるためのDavisの脳震盪からの復帰は叶わず、Golladayも怪我で欠く中での試合でした。

結果は 14-7 で勝ちました。

いやー、よく勝った。
個人的には ミスのない 試合だったと思います。
もちろん小さなミスはあったと思います。ただ、致命的なミスがなかった。
コツコツと積み重ねた先に勝利があったような試合でした。

やはり今回もディフェンスがすごかった。

  • Killebrew、Wilson、Quin、Slay、とにかくセカンダリーがいい
  • Wilsonは怪我からの復帰でしたが、素晴らしい活躍でした。
  • HaydenやLawsonもよくカバーできていましたし、キャッチ後のゲインを許さないという点で統率されていたと思います。Keenumなのにも助けられましたが。
  • 早々にWorrilowが怪我をしてコマ不足が深刻となったLBもWhitehead、Longa、Killebrewでよく守りました。
  • そして、Zettel、あのタイミングでのサックは素晴らしかった。敵のアサインミスとはいえ、ちゃんと仕留めてくれました。
  • 怪我人が出ても、今あるDepthをフル活用して鉄壁の守備を見せるAustinの手腕も光りました。

  • そして、P Locke、かなり安定しています。Martinより飛ばないかもしれませんが、信頼度はこちらの方が高いですね。Martinのような凡ミスがない。
  • 元Vikingsということもあって、リターナーであるSherelsの怖さを熟知していたようで、とにかく端っこの方に蹴ることを心がけたそうです。真ん中に蹴って両方向に走れるというオプションを与えないようにした、とのこと。ちゃんとこういったことができるのもいいところですね。
  • Praterは59Yをかっこ悪い外し方しましたが、相手も短いFGを外してくれて助かりました。

  • オフェンスはVikingsの鉄壁の守備とパスラッシュに苦しみました。前評判通り、
  • Staffordは6回サックされたそうですが、怪我もなく何より。
  • Ameerは56試合ぶりの100Yラッシャー誕生まで後6Yまで迫る94Yを走りましたが、残念ながらマイナーInjuryで最後まで出れませんでした。それでも平均4.7Yは立派です。
  • TDの最後のひと伸びは見事、この試合唯一のTDとなりました。
  • TE Fellsが前半4キャッチの大活躍、Ebron、Robertsと3人揃って大事なところでいいキャッチを見せました。セカンダリーがいいVikings相手にこれは大きかった。



  • そして光ったのがコーチング。
  • 2ptコンバージョンの判断が最後まで効きました。7点差になったことで、最後も少し余裕を持って受けられました。

こちらに勝利後のロッカールームの映像があります。
Longaのところは涙を誘いますね。

さあ、これで 3-1、Falcons戦の結果が違っていたら、4-0、さあこのまままずは地区優勝に突き進むぞーー!

Gooooo Lions!!!


2017年9月27日水曜日

Trump vs NFL

ブイさんからコメントいただきましたし、日経にも取り上げられるようになってきたので、ちょっと触れてみます。
投票権のない外国人がその国の政治に対してどうこう言えるわけではないですが、なんとなく思うこと、です。

先週金曜日、Arizonaでの選挙応援演説で、大統領Trumpがこんな発言をしました。

要約すると

  • 国歌斉唱中に膝ついてる選手をクビにしろ
ということです。

何故NFLを槍玉にあげたのか、全くわからない唐突な出来事でしたが、個人的に一番引っかかったのは「Get that son of a bitch off the field right now,」ってところです。

一国の、そして世界を代表するアメリカの大統領が放送禁止用語である
「son of a bitch」を公衆の面前で発するとは思いもよりませんでした。

日本のニュースではこの部分はほとんど取り上げられておらず、国歌斉唱時に敬意を表さないことに文句を言っている、となっていますが、個人的にはこの文言が物事を大きくしている一つの要因だと思っています。


ご存知の通り、この発言に対して、NFLは反発しました。
多くの選手がコメントを出しました。まとめはこちらからご覧ください

コミッショナーGoodellのコメントは「弱い」と散々叩かれましたが、各チームやオーナーも続々とコメントを発表しました。

Lionsはこういった時に沈黙を通すことが多い印象ですが、Marthaオーナー名でコメントを出しました。

“Our game has long provided a powerful platform for dialogue and positive change in many communities throughout our nation. Thanks primarily to our players, the NFL also has been a unifying force in our country and impactful change has and hopefully will continue to be the result of peaceful expression, done so in order to highlight social injustices of all kind. Negative and disrespectful comments suggesting otherwise are contrary to the founding principles of our country, and we do not support those comments or opinions.”

そしてロンドンで行われた先週末最初の試合でJaguarsのオーナー(Trumpへの大口献金者らしい)が国歌斉唱中に選手達と腕を組み、抗議の意思を示しました。

この方法は抗議の意思を示す恒例として捉えられたようで、多くのチームがこの方式を取り入れました。(膝をつかず、とりあえずは立っている点がよかったのでしょう)


中継見て驚きました。Lionsのオーナー、MarthaもCaldwellと腕を組み抗議を表しました。

そして、数名のLions Playerが初めて国歌斉唱中に膝をつきました。


そして、国家を歌った歌手も最後に膝をつきます。


SteelersやSeahawksは国歌斉唱時にロッカーの中にとどまり、フィールドに出てこなかったそうです。

どうやらSteelersのOLが一人だけフィールドに出てきて国家を聞いたのですが、このことを批判されたようで、後日記者会見で謝っていました。
このことが批判される意味もわかりませんし、彼が謝る必要はないと私は思っています。

NFLの選手は大半がAfrican American(黒人)で、チームに不可欠なことから、チームやリーグも対応にかなり気を使っている印象です。

個人的に驚いたのはTrumpの友達のKraftが出したコメントよりも、Jerry Jonesがこの隊列に加わったことです。



自由の国アメリカで、自分の意見を主張・表現したことに対して大統領から文句を言われる、こんなことが起こっていいのか、というのが抗議の裏側だと思います。
どんな意見でもいい、それを自由に言えるのがアメリカで、それを受け入れるのがアメリカだろう、と。


最近Trumpの話題に皆が疲れてきている気がします。
子供達の学校の先生も Trumpに関しては今は話したくない、と言った(脈絡は不明)そうですし、なんとなくタブーな雰囲気です。

「こんなのが大統領であることが恥ずかしい」
「こんなのを選んでしまった自分たちが情けない」
「自分はトランプ支持だが、それを言える雰囲気ではない」

そんな感じでしょうか。
政治の話が結構好きなアメリカ人ですが、ニュースでトランプの発言が取り上げられてもそのことに触れなくなってきている気がします。

私もこの大統領の発言は全く受け入れられませんし、Lionsや各チーム、各選手の抗議行動を支持します。
ただ、抗議の方法が極端にならないことだけを祈っております。

2017年9月26日火曜日

WEEK3 vs Atlanta Falcons


またやられました、審判に。
明確に否定できる要素がなければ、フィールドの判定維持じゃないんかい!

これがGBやNEだったらStandsなんでしょ、どうせ。
とひがみたくもなる相変わらずの Detroit vs Everybody 状態。

よく頑張ったと思います。
前年のNFC覇者を相手に、引き離されそうになりながら、ディフェンスの3INTで必死に食らいついて、残り数秒で逆転TDのところ(というか残り1Y)まで行ったわけで。

今回はホテルでStreamingで観戦したのですが、ホテルのインターネットがすこぶる遅く、とても動画なんか見れる状態じゃなかったので、€5払って高速インターネットを手に入れました。

【よかったところ】

  • Quinの完璧なタイミングでのPick6
  • Slayの2INT
  • ハイパーオフェンス相手に接戦に持ち込めた
  • Prater、すごいねあなた

【悪かったところ】
  • ランが出ない。スクリメージラインより後ろでRBがタックルされすぎ。ランがもう少し出れば、最後の場面、もう少しオプションあったよなあ。
  • OLの怪我人が響いた
  • Davisの存在の大きさを痛感。Jalen Reeves-Maybinはひどかった。。。
  • Ebron、ほんとやる気あるのか、君は
  • Staffordとレシーバーの息が合わない場面が目立った
  • クソ審判
結果的には 30-26 で4点差で負けました。
最後のプレーがTDなら、30-33で勝ってた。。

  • ほんとは、あのプレーの前で決めてないといけなかった。Staffordのスクランブルでも、Zennerのツッコミでもよかった。。。
  • 10秒ランアウトはルールなので、仕方なし。ただ、判定は疑問。あの爺さんにいい印象無し。

結果としては負けでしたが、この一戦はLionsの評価を大きくあげることになったと思います。
試合を見ていませんが、GBはOLがボロボロだそうですし(ラジオの受け売り)、MINはQBが結局どうなるのかよくわかりません。。。CHIは。。。

ファンとしても、今年はやっぱり何か違う、と思う部分もあります。
BYEまでのここから3試合(@MIN、CAR、@NO)、3連勝して5-1でSteelersを迎え撃ちたいところです。

ちょっと怪我人が増えてきたので、今週のInjury Reportが気になりますね。

2017年9月24日日曜日

Caldwell 契約延長

昨晩寝ようかと思ったタイミングで、Caldwellが複数年の契約延長をした!とのニュースが入ってきました。



2014年にLionsのHCとなり、ここまで29勝21敗、(LionsのHCとしては)かなりの成績を残しています。

ただ、Haterが多いのも事実で、今回もおそらくファンの60-70%が支持で、あとは大反対なのでしょう。

これだけの成績を残しているわけですし、私は賛成です。
Justin Rodgersが Quinnを信じているなら、この決定も支持しないと と言っていますが、私も同意です。
Quinnの人を見る目(少なくともプレーヤーに関して)は信頼できるので、この決定も支持したいと思います。

HCの場合は途中解除でもサラリーキャップにDead Moneyが乗ってくるわけでもないですし!

大一番の前に大きなニュースとなりましたが、試合とは関係なし!
さあ、行け開幕3連勝!!


Goooooooooooooooooooo Lions!!!!

2017年9月23日土曜日

WEEK 2 @ New York Giants

今週は出張でドイツに来ています。
で、デトロイト発のフライトが、月曜日20:45でした。

そうです、マンデーナイトのGiants戦キックオフ直後。
飛行機乗るまでは、「Wi-Fi繋いであわよくばストリーミング、駄目でも公式サイトでアップデートを」と目論んでいたのですが、Air Franceの機体は超古く、Wi-Fiなんてものは存在していませんでした。。。(機内食はおいしかったですが)

少し出発が遅れたため、Twitterで情報を拾おうとするも、電波の状態が悪く、全然つながりませんでした。
お友達からのテキストで状況を聞いていたら、「ファンブルリカバリーでTD!」という素敵な情報が入ってきました。

が、ご存知のように、こちらはEliのダウンが早く、ファンブル成立せず。。。

そんなこんなで、飛行機は飛び立ち、下界と完全に遮断された私は経由地のパリで念願のネット再接続。

勝ったーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
24-10!!!よくやった!!

ちょっと時間がかかりましたが、Game Pass(シーズンチケットの特典でついてくる)を使用して無事に視聴できました。

時間が経ってしまったので細かく書きませんが。。。

  • Staffordいいね!やわらかいパスが投げられるようになりました。
  • Marvinナイスアジャスト!
  • Diggsすばらしい!
  • Ansah復活!
  • ディフェンスラインナイス!
  • セカンダリーがんばった!
  • 新キッカーも確実な仕事!
  • 相変わらず審判はLionsに冷たい!
  • Greg Robinson頼むわ!
  • Agnew完璧なタイミングのスーパープレイ!
昨年からの流れでノーハドルでの攻撃を多用していますが、ここまでのところうまくいっていますね。
相手の隊形を確認して、オーディブルができているので、IQの高いStaffordが的確に相手の動きを判断できれば、これからもいけそうな気がします。

ただ、いい感じで活躍していたDavis、Wilson、D.Washingtonが怪我をして、今週のアウトが確定。

Davisの代わりには同じく新人のJalen Reeves-Maybinが入り、Wilsonの代わりにはKillebrewが入るようです。
こう考えると、Depthは本当によくなりましたね。一軍が怪我しても、1.5軍くらいの実力の人がその後ろに控えているので、ある程度安心です。

といっても、今週の相手はハイパーオフェンスを誇る前年度NFCチャンピオンFalcons。
かなり厳しい戦いになりますが、ホームでの試合ですし、この試合に勝てば、Lionsへの見方が一気に変わるはず。

飛行機の関係で明日もまだドイツなので、今回はFord Fieldでの観戦はかないませんが、なんとしてでもストリーミングサービスを探して(アメリカのGame Passは生中継が見えない)、応援したいと思います。

Goooooooooooooooooooooooooooooooo Lions!!!



2017年9月15日金曜日

WEEK1 vs Arizona Cardinals 2

遅くなりましたが、観戦レポートです。

いつまで続くかわかりませんが、繋げただけの動画から。




今回は先着25000名にStaffordのバブルヘッドがもらえるということで、いつもと同じくらいの時間に向かいました。
会場到着は11:40頃でした。

いつものように携帯の画面のFlash Seatsのバーコードで入ろうとしたのですが、機械の調子が悪く、最終的にクレジットカードでの認証になりました。
クレジットカードを機械に通すだけでチケット出てきたので、Flash Seatsよりよっぽどクイックでした。

そしてもらったStafford!!




前回のSandersは無機質な白い箱でしたが、今回はしっかりとしたものでした。とってもついてるし。

いつも通り、ピンバッジを購入。値上げされてて定価$10.00。


飲み放題ドリンクのカップも2017バージョン。



今日も全選手に声をかけるCaldwell。

さあ、試合開始。


開始最初のドライブで、Wilsonがインターセプト!
一気に盛り上がる会場、レッドゾーンを目前にしてLionsの攻撃が始まります。
私の席の目の前。

最初のパスが。。。インターセプト。。。そしてタッチダウン。。。

その後も、Washingtonの頭空っぽリターン×2(2回目は今年最低プレイの一つになるでしょう)、パンターRedfernがエンドゾーン内でボール取れなくてそのまま走ってタックルされる、というプロとは思えないプレー連発で、会場の雰囲気は最悪。


そんな最悪の雰囲気の中で、ひたすら頑張るディフェンス。
1st&Goalのシチュエーションを二回も止め、悪夢の1Qを10-0 で止めます。


結果的にはこのがんばりが勝利に結びつきました。

2QにStaffordがよく我慢してMarvinへのTDパスを決めます。
ただ、その後RudockとPraterの息が合わず、PATを失敗。

頑張るディフェンスにこたえ、前半終了間際に少ない時間でFGまで進み、Praterが58Yを見事に決め、10-9に詰め寄ります。



そして後半はのりのりの30分。

Golladayが2TDの大活躍でしたが、一つ目はCJを彷彿とさせるジャンプキャッチ、そして二つ目はスーパーのつくキャッチ。
目の前で二つも見られてハッピー。




途中で気づけば3ポゼッション差になってて、どうしていいかわからない私。
終盤でそんな大差なんて最近全然なかったから。。。




帰りに今シーズンのスケジュールマグネットをもらって帰路につきました。
あー、気持ちいい。


最初の記事にも書きましたが、ディフェンス本当によくがんばりました。
Diggsがびっくりするくらいよかった!
Davisはまだまだ成長の余地ありますが、9タックルはがんばったと思います。

ああ、楽しい一週間でしたが、あっという間に週末。
来週は マンデーナイト、OBJがいようがいまいが、勝って二連勝だ!!


Goooooooooooo Lions!!!